プロフィール

Nicky

Author:Nicky
海外ドラマ大好き!
大負け犬。会社に内緒で副業で翻訳をやっていたこともありましたが、根性がなく断念。今は、会社員をしながら、ひそかに起業なんかを考えつつ毎日海外ドラマを見て現実逃避しています。

 
 
現在視聴中&Favorites

韓流ドラマみたいな「華麗なる一族」
日曜日の21時は、AXNでのLOSTの放送が休止中なのでTBS「華麗なる一族」を見ているんですが、このドラマ、すごく韓流ドラマみたいなつっこみどころ満載のドラマで笑えます。あらすじとしては、60年代の金融再編を背景とした神戸の財閥、阪神銀行の頭取・万俵大介(北大路欣也)と阪神特殊製鋼専務である息子・鉄平(木村拓也)の憎悪、戦いの物語ってな感じ。

で、韓流チックなつっこみどころが
①万俵家はものすごい金持ちで(ま、当時の財閥ならそうだったんですよね。きっと。)すっごい敷地の洋館に住んでいる。しかも家の中は土足。
②鉄平の父親は実は万俵大介ではなく、祖父敬介で、母と祖父の間に出来た子である。うーん、えぐい。
③母屋にある祖父敬介の肖像画があまりに安っぽくて笑える。
④鉄平の昔の恋人が実は異母兄妹。許されぬ恋だったって。
⑤万俵家の次女・二子(お嬢様)と阪神特殊製鋼で働く従業員(四々彦)との身分違いの恋。

万俵大介役の北大路欣也の目力とためもすごいんですよ。絶対フェイスリフトやってるでしょ!って感じ。

ちなみに万俵家の素敵なお庭の池は日本平ホテルの庭にあるプールを改造したものなんだとか。でもって、洋館はCG合成なんですって。また、60年代の神戸の町並みは上海ロケだそうです。
このドラマ、もちろん、原作は山崎豊子の「華麗なる一族」で、山陽特殊製鋼、神戸銀行、岡崎財閥がモデルと言われているそうなんですが、万俵家って、妻妾同居だし、舅が嫁を…なんて、とってもドロドロなんですけど、どこまでが事実なんでしょうね?さすがに小さな事実をつなぎ合わせて、誇張しているんですよね。ほんと、敬介、息子の嫁に手をつけるなんて、とんでもないじじいだ。
原作読みたくなってきました。

華麗なる一族〈上〉 華麗なる一族〈上〉
山崎 豊子 (1970/05)
新潮社

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



日本のテレビ番組 | 2007-03-05(Mon) 21:48:02
Trackback:(2) | Comments:(4)
最近の記事
Sponsored Links

 
じゃらん

◆キャンペーンはコチラへ◆
エルセーヌの「小顔」体験
週末の宿、あります!
今週の宿予約
 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
SEO対策:海外ドラマSEO対策:韓国ドラマSEO対策:LOSTSEO対策:プリズンブレイク